スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
このサイトを参考にして失敗しても責任は持たないよ、とどこのサイトでも書いてあるので、私も書いておく。この日記を参考にして失敗しても責任は持たないからね!
これまでのあらすじ。
パソコンが起動しなくなった。
ネットで調べて、ソフトをダウンロードしてちまちまとバックアップをCDにとっていった。(和実ちゃん、CDありがとう)
もうちょっと調べてみたら、インストールCDを入れてもWINの修復ができる、ということがわかった。WINの修復をして、バックアップCDをとって、一応、スレーブになっている古いHDDにも最低限のバックアップを取った。
つぎにパソの電源を入れたときにはパソが動かなくなっていた。

パソが起動しないのだ。
理由はわからない。
昨日は動いたのに!
仕方がないので、もう一度WINの修復を・・・しかしWINのインストールディスクは「根本的な問題が」というだけで対処してくれない。
エラーコード=0x4001
しかし、このエラーコードをノートパソでネットにつないで調べてみるが、見つからなかった。ただでさえ、私は検索が得意ではないのだ。このエラーコードをどこで検索すればよいのかも、わからない。
仕方がない。再インストールだ!
むかーしむかし。まだCDがなくてFDだったころは、再インストールはとても面倒だった。何枚もFDを交換せねばならないから。しかし今はCDなのだ。交換をする必要はない。
再インストールも簡単だね!
なんて思ったのだが、再インストール終了後、パソは起動しなかった。
なぜ!?
仕方がないので、もう一度再インストールしてみた。
しかし、結果は同じ。
DOSプロンプト(?)で見てみると、CドライブにWINが再インストールされた形跡があった。つまり、今までのデータはなくなって、WINに必要そうなファイルしか見当たらなかった、ということだ。このファイル類を見る限り、WINは正常にインストールされていると思える。
じゃあ、問題はどこだ?
私はあきらめて部屋を片付けることにした。
パソのふたをあけることにしたのだ。
パソのふたは開けたくなかった。だからどうにかして、「TestDisk」やってみたり再インストールしてみたりしたのだ。パソのふたをあけるには、パソのケーブルをはずさなければいけないし、部屋を片付けてパソを置く場所をつくらねばならないからだ。つまりメンドクサイ。
部屋を片付け、パソを引っ張り出し、パソのふたを開けて見た。見ただけだ。なにがわかるわけでもない。
前に和実ちゃんのパソが起動しなかったときメモリを挿しなおしたら起動した、という話を聞いていた為、挿しなおしてみるが、変化はなかった。
調子が悪いときは接続を疑え!
という話もある。私はケーブル類を抜き差ししてみた。
しかし、問題は解決しなかった。
マザーボードが調子悪いんじゃないだろうか?私は全部のケーブルを抜き差ししたあとに考えた。ノートパソでデスクトップパソの型番を調べてみる。
そこに書かれていたのは「コンデンサ」の文字。コンデンサがだめになって、という言葉だった。
コンデンサ・・・頭の中のどこか遠いところで「大当たり!」と鐘が鳴っているような気がした。
この前、会社で隣の席の人のパソコンが壊れたときのことを思い出したのだ。パソに詳しい人が教えてくれたのだ。
このコンデンサがだめになっている、膨らんでるのがわかるだろ?
と。
私はマイパソの基盤・・・マザーボードを見た。ポツポツといくつかたっているマザーボードにくっついた塔というか、ボタンというか、つまりは電子部品(電気部品と電子部品って違うの?)が問題なのだ。
これがコンデンサ、というのかどうかは知らない。しかし、私のパソのマザーボードのポツポツは確かにこの前、会社で見たのと同じように、膨らんでいたのだ!
だめになりやすいから、頭に十字がきってあるのだ、と教わったことも思い出した。
こ、これが原因か・・・。
思い切り、脱力した。
今まで私のやっていた行動はなんだったんだろうか? と思うくらいだ。
それも、もう寝なければならない時間だ。
今からあれこれ調べるわけにはいかない。
明日やろう、また明日。
私は布団に入った。

マイ・マザーボードのコンデンサ・プチプチの塔、いくら膨らんでいるとは言ってもハンプティダンプティのように丸っこくなっているわけではない。他にたとえがみつからなかったので、ハンプティダンプティにしてみたけど、とにかく、塔の腹まで膨らんでいるわけではない。頭がでっぱっているくらいだ。ネットで調べてみると、私のよりもずっとひどい人が検索でひっかかっていた。ここまでひどくなっても、動くこともあるんだ、という方が驚きだった。
せっかくだから、マイ・マザーボードのコンデンサ・プチプチの塔の膨らんだ塔を写真に撮ってアップしようと思ったのだが、うまく撮れなかったので諦める。
マザーボードのコンデンサ・プチプチの塔(長い名前だ)を交換する技術は持ち合わせていないので、マザーボードを交換しなければならない、という事実が判明した。
マザーボードの交換だと?
そんなこと、シロートの私にできるのか?
再インストールとかHDDのつけかえとか、メモリの追加とか、そんなことはやったことがある。むかーしむかし、WIN95の入るHDDをくれるといわれたことがあった。あのときの会話を私はまだ覚えている。
「ハードあげるけど、つけられる?
「ハードつける、ってケーブルとかつなぐんじゃだめなの?」
つまり、ハードとはパソコンの外側のことだと思っていたのだ。
それが少しづつ育って現在に至っている。もちろん、マザーボードの交換など、したことがない。なぜならば、前にパソが壊れたときもマザーボードを疑わなかったから。
それだけではない。
マザーボードの交換はシロートが手を出すようなもんじゃない、と思っているからだ。
しかしこれは好機なのかもしれない。ノートパソがあるのだから、最低限のメールの受け渡しもネット検索もできる。のんびりとパソを修理するのも良いかもしれない。どうせ壊れているのだから、マザーボードの交換にチャレンジしても良いのではないか?
ということで、マザーボードの交換に関して、調べることにした。
スポンサーサイト
【2012/02/23 23:06】 その他 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<このサイトを参考にして失敗しても責任は持たないよ、とどこのサイトでも書いてあるので、私も書いておく。この日記を参考にして失敗しても責任は持たないからね! | ホーム | 帰ってきたぞ>>
コメント
ずいぶん言いわけがましいタイトルだね。
でもパソコン直ってよかったよね。
きっと、調子悪い原因は名前を付けてあげてないからだよ!
【2012/02/23 23:50】 URL | 平 #-[ 編集] | page top↑
命名:酔いマシンちゃん
【2012/02/26 11:16】 URL | ok #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://vinotinto.blog68.fc2.com/tb.php/604-ec5c553c
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。