スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
只見・福島・七ヶ宿・スカイバレー経由猪苗代(その4終わり)ダムまでの道のり(その3)
福島の宿は駅前のビジネスホテルで(本当に駅が見える)ビルの隣にはコンビニがあり、ビルの下にはチェーン店の居酒屋があったりして、立地条件としては申し分なかった。車もタダで停められたしね。
で、翌日、私たちは北へ向かった。
目的地は「七ヶ宿ダム」!
お盆休みに行ってとても素晴らしかったので(8月末くらいに書いた日記をご参照下さい)
もう一度行きたかったのだ。
それに「七ヶ宿ダムのセブンは楽しかったんだよ」といくら平田に言っても
わかってもらえなかったからだ。
是非、セブンに会ってほしかったのだ。
北へ向かい、とりあえずダム下にある柱状溶岩(違うなあ、なんて言うんだっけ? 柱状列石?)
を見た。
でかかった。
夏に来たときはあまりの観光地ムードにパスしてしまったのだが、
(こきたないバイク乗りが行くところではないと思えた)
今回は行ってみた。
観光地らしい昔っぽい(あくまでも「ぽい」ね)お食事どころがあったり、
昔の氷室っていうのかな(蚕を飼っていたところ)があったりした。
で、柱状の壁。いやあ、でかかったね。
たぶん、がらんがらん崩れるんだろうな、と思ったけど。
見上げるとめまいがするほどだったね。
私たちの見る場所と、柱状岩の壁のあいだには川が流れていて(七ヶ宿ダムから流れてきている)
その川には砂防ダムのような小さな段差を作ってあったんだけど、
あの段差を作る作業って結構怖いんじゃないかなあ、と思った。
どう見ても「今年崩れただろ」というような岩もあったしね。
作業中に崩れなかったのか、と心配になったね。
で、目的の七ヶ宿ダム。


これが下からの写真です。なんだかぼやけてるなあ。
ロックフィルなんだけど(ここが重力式ロックフィルだったっけ?)
今まで見てきたところとは違い、石が黒いのだ。茶色が正しいけど。
それに石が劣化してボロボロ。こんなんで大丈夫なのか? まあ大丈夫なんだろう。
一通り下を見たあと、私たちはダムの管理センターへ向かった。
この前来たときはダムの下なんて見なかった。それどころか管理センター以外、
なにも見なかったのだ。
ダム写真を撮ろう!と思ってから随分と見方が変わったなあ。
で、車に乗って移動する。駐車場に車を入れる。
知っている人は知っているだろうが、私は知らなかったのだ。
平日しか七ヶ宿ダムの管理センターがやっていない、ということを!
とりあえずちょっと寂しくなりながら「よっこいしょジイサン(命名:私)」を
平田に見せて、ダムの天端に行った。
なぜか、バスで来ている観光客などがいた。
私はダムの天端から管理センターを見ながら、悔しい悔しい、と何度も言った。

帰りは米沢に出てラーメンを食べていこう、ということになった。
これがかなり間違っていた。
まず一番に間違っていたのは、ラーメンを食べたい、などと言いながら、
田んぼの中の道を走りたい、などと言い出したことだろう。
田んぼの中の道には普通、ラーメン屋はない。
バイパスからどんどんと遠ざかり、田んぼの中の道は気分良かったが、
(そろそろ稲刈りの時期で、田んぼが黄金色になっていた)
ラーメン屋は見つからないまま、市街地に突入した。
問題の二つ目は市街地には駐車場がない、ということだ。
そして問題の三番目は時間。
時間は昼の二時過ぎ。ラーメン屋なんてやっていない。
私たちは真っ直ぐ真っ直ぐ進み、市街地をかなり抜けたラーメン屋(他に客はいない)に
入り、ラーメンを食べることになった。多分、もう夕方近くになっていたと思う。
それから私たちはまだ南下した。
昔は有料だったらしい白布スカイバレーを越えて桧原湖経由で猪苗代湖に出よう、としたのだ。
日の入りに間に合えば五色沼にも行きたいね、なんてのんきなことを言っていたのだが、
もちろん、間に合うわけが無い。
スカイバレー途中の展望台で日が暮れる。
桧原湖を見る

うーん、全体的に暗くなってしまって悲しいが、夕焼けがとてもきれいだったのだ。
この前の大津岐ダムの写真の構図と同じじゃないか、といわないように。
同じ人が撮ったんだから仕方が無い。
人を入れた方が見えるもののサイズなどがわかって良いだろう、という私の考え方もある。
左手方面にはキレイに双子のような磐梯山が見えた。
あんなに二つにわかれているとは思わなかった。
前日に、福島に向かいながら「あれ磐梯山だよ」なんて冗談を言ったのだが、
本当に磐梯山だったのだ。あれを一つの山として考えるなんて・・・。

五色沼に行く時間(日暮れまでの時間)はなく、猪苗代湖を経由して、
東北道矢吹インターから乗った。
このインターは、山から来るととても分かりにくいので注意すべし。
なにごとも、国道4号に乗ってからだ。
宇都宮の先のサービスエリアで餃子を食べ、
浦和インターを10時過ぎに出た。
しかし、家に帰って調べたところ、インターを出たのは9:54になっていた。
時間は余裕を見た方がいい。
3000円くらい損しちゃったね。

じかいよこく:七ヶ宿リベンジ!(いつだ?)
スポンサーサイト
【2007/10/08 12:13】 出かけた | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<インスタントコーヒーとカビについて騙る2 | ホーム | 只見・福島・七ヶ宿・スカイバレー経由猪苗代(その2)ダムまでの道のり(その2)>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://vinotinto.blog68.fc2.com/tb.php/236-3df7ee9b
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。