スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
只見・福島・七ヶ宿・スカイバレー経由猪苗代(その2)ダムまでの道のり
大湯温泉の旅館に泊まった。
8000円で、この前泊まったところよりも安い宿なので、期待していなかったのだが、
結構当たりだった。
ごはんもおいしかった。(でも少なかった)
宿の感じも良かったし、大湯温泉は二度目の宿泊だが、どちらも当たりだったので、
全部当たりなのかも、と思ってしまった。
ちなみに、今回泊まった宿は、
風呂は旧館にある。
この旧館を今は宴会と風呂くらいにしか使っていないようなのだが、
なかなか風情があって良い。
昭和初期の宿とか、文豪が泊まりそう、とか。
ちなみに、宿のビールはアサヒである。
あと、入らなかったけど日帰り湯が大きな公園の近所に出来ていた。
(夏に通ったときもあったけど)

日曜日。天気は曇り霧雨。
シルバーラインを通って奥只見ダムへ行く。
去年も来たからか、外気温が涼しかったからか、宿を出てすぐだからか、
去年よりも感動が少なかった。
駐車場は空いていた。
店のうちの一つにユルブリナーの写真(フジカラーの宣伝パネル?)を飾ってあるところがあったので、ユルブリナーの写真を撮らせてもらい、和美ちゃんの土産を買う。前に会社の子に買っていって評判の良かった米麺である。
さて、奥只見ダム。
水の量が一番多いんだとか。どうしても私には田子倉ダムの上流にこの奥只見ダムがある、というのが理解できない。
ダムとダムとして見るようになってはじめていったのだが(それまでも何度か行っているけど)
ここの展望台はいまいちアングルが良くない。駐車場から見た方が良かった気がする。
下にも道があるようなので、そのうち下から見てみたいと思う。入れるのかな?
電源開発の資料館はなかなか良かった。
建設当時のフィルムとかまわっていてね、徳間か角川なんとかっていう記録フィルム会社が作ったらしい。冬も作っていた、というのが驚きだ。コンクリートが凍らないようにボイラーで暖めたスチーム(なんだか日本語が変)を吹きかけながら作ったんだって!

天気が良くないので、枝折峠は諦めて、銀山平へ向かう。
今日のもう一つの目的は(こちらが真の目的)大津岐ダムなのだ。
これ、あちらこちらのサイトでひっかかってきたんだけど、
なんと、ダム穴があるのだ。
ずーっと前、ダムに興味がなかったころに平田が見せてくれた外国のダム穴の写真は
おそろしくておそろしくて、是非見てみたい、と思わせるものだった。
外国のダム穴写真は、ダムの貯水部(なんて言うの?湖の部分)に穴があいていて、
一定の水の高さになると穴から水が流れていく仕組みになっている、というもの。
理屈としては、洗面台についている穴と同じだ。
あれがぽっかりと上空に向かっている、そんな写真だった。
あの穴におちたらどうなるんだろう、
とか、
まるでブラックホールに吸い込まれるようだ(水が)
とか、
かなりおそろしい写真だったという記憶が強い。
そしてこの奥只見ダムの上流に有る大津岐ダム。
ここにもそれと同じような(朝顔型って言うの?)ダム穴があるのだ。
数カ所のサイトで確認したが、道は良くないらしい。四駆で行くのが良い、と書いてあったが、
実際は道はさほど悪くなく、ところどころ陥没していたり、
幅30センチ程度の川を渡ったりするくらいだった。
でも台風のあとはうちの車では無理だと思う。
国道の銀山平を過ぎて、船の発着所(銀山坑口跡)の先100メートルくらいか(1キロは過ぎていない)を左に曲がる。細い道だ。下ってすぐに橋を渡り、しばらく平らな道を進む。もうかなり走ったぞ、まだなのか? と思う頃に建物が出てくる。民家か? 人が住んでいる様子はあるが、民家にも別荘にも見えない(片方は民家かも)でも電気会社の寮、という感じでもない。(もしくは昔寮だったとしても、今は使われてないだろうのに、人が住んでいる)一体なんだったんだろうか?
そこから少しづつ登っていく。
帰りは引き返すかどうか、なんてことを考え出した頃に、分岐が出てきた。Yの字になっていて、
国道に戻りたければ右へ、
大津岐ダムへ行きたければ左へ行くことになる。
しかし、残念なことに左への道には通行止めの看板が出ていた。
スポンサーサイト
【2007/09/29 11:05】 出かけた | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<只見・福島・七ヶ宿・スカイバレー経由猪苗代(その2)ダムまでの道のり(その2) | ホーム | 只見・福島・七ヶ宿・スカイバレー経由猪苗代(その1)>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://vinotinto.blog68.fc2.com/tb.php/234-9e14de97
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。